チョキチョキ

a0169125_2195531.jpga0169125_2202342.jpg
a0169125_2205219.jpga0169125_2211989.jpg

a0169125_2215989.jpga0169125_222231.jpg

意外に思われる方、多いと思うのですが、イタリアの美容室事情、、、ヒドイです。笑

先ず第一に、カット技術のレベルがとても低いです。
その他、気配り、衛生面、シャンプーの仕方、などなど、語りだしたらキリが無いのですが
美容室=心身ともにリラックスできる場所、、、、という日本の感覚でいる、
イタリア在住の私達日本人にとっては、ちょっとした悩みの種なんです、この問題。

私もいろいろ痛い目に遭遇してきました。
一番強烈だったのは、「ちょっと毛先を揃えて下さい。」と頼んだらば、あれよあれよと
いう間にチョキチョキと、左サイドは耳がすっかり見えるほど刈り上げられ、右サイドは
左より20cmほど長く平行に斜めな感じにアンシンメトリック、なんとも芸術的に
仕上げられてしまいました。
ジュリオの授乳時期で、お洒落とは縁遠い生活をしていたにもかかわらず、です。
涙目で訴える私に、ウインクしながら、満足しきった顔で、、、その美容師
「sono contento.sei belissima!!!perfetto!!!」
「僕は嬉しい。君はとても美しくなったよ!!!完璧だ!!!」って。。。そ、そんな。。。
でも、もう切られてしまったものはしょうがない(←諦め早過ぎ)。
小心者の日本人の私はそのままお金を支払い店を後にしたのでした。
不幸中の幸いというのか、この美容師、カット自体は上手だったようで、
まわりからの評判は悪くなく、その髪型のまま暫く過ごしました。
でも、結局最後は短い方に合わせて切るしか方法はなくて、不本意にも猿刈り時代
を過ごさざるおえなくなってしまうのでした。

最近では、日本帰国までひたすら我慢し続けるか、若しくは、日本で美容師経験の
あるイタリア在住の日本人の友人にお願いしてカットしてもらうか、、、の私です。

でも、子供達は美容室が大、大、大~~~好き、、、。
美容師さん達、子供達にとっても優しく親切に上手にあやしながらカットしてくれます。
彼らにとっては、イタリアの美容院=心身ともに思いっきりリラックスできる場所。笑
自分の家にいるかのような寛ぎっぷりです。
私が切ればいいのですが、レオのクルンとした前髪やジュリオのやわらか過ぎる髪質
何度挑戦しても納得いく仕上がりにならず、結局、「イタリアの美容師下手!超下手!」
といいながら、毎回大変お世話になっているのでした。
感謝しなくちゃね。

                   IL BIGIU DI OGGI

a0169125_7573252.jpg


                 シルバー925 リング
                    石・トルマリン
トルマリンの結晶を熱すると電気を帯びるため、和名では電気石と呼ばれています。
トルマリンの色は、無色、紫、青、緑、黄色、褐色、赤、ピンク、黒など様々な色彩が
存在します。
どの色のトルマリンも、フルーツキャンディーみたいで、きれいでおいしそう!



ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックして頂けると、嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村
[PR]
by agiubigiu | 2010-03-19 08:23 | あれこれ
<< ベネトン 春を感じるトスカーナの夕べ >>