彫ってもらうものは、なあに?

a0169125_1433543.jpg

incisore(彫り職人さん)Adriano Piani氏の工房はFIRENZEの中心地
Via dei cimatori にあります。
人が三人入ったらいっぱい、という小さな小さな工房です。
a0169125_1441915.jpg

長年、パリの有名ブランドの彫り師として活躍されたAdrianoさん、
いつでも、こんなにお洒落な格好で作業台に向かっていらっしゃいます。
a0169125_1475583.jpg

この工房は、1870年代から130年以上も、incisoreの職人さんたちが入れ替わり
使用している場所ということで、お店の中の道具やら、全てが、アンティーク調。
a0169125_1483023.jpg

作業用ランプシェードもこの通り!FIRENZEに電気が通った当時のものだって!
a0169125_1491665.jpg

脂台を溶かす為等に使用する炎。ガス栓の先がこんな素敵。
上に犬の置き物をおいて、更に趣がでています。。。(犬、見えるかな?)
a0169125_150239.jpg

窓辺につるされた古い糸鋸、これはもう完全にオブジェ。
a0169125_620954.jpg

時計、動いてる!
a0169125_1505124.jpg

さて、私がAdrianoさんの工房を訪れるのは、ある特別な注文をお受けした時だけなん
ですけれど。その仕事っていうのが、ジュエリー作家冥利に尽きるお仕事でして。。。
a0169125_5332363.jpg

一生、身につけてもらえるもの。
二人の愛の誓いとして存在し続けるもの。

そうです。
結婚指輪をお作りさせて頂いたときに、リングの内側にご希望の文字を
Adrianoさんに彫ってもらっています。
a0169125_642170.jpg

先日は、6月の個展会場でお渡しするお約束になっている、M&Kさんカップルの
リングを彫ってもらいに行ってきました。
明後日、出来上がるとのことでしたが、先にブログでお見せしてしまっては
ご本人さん達のワクワク度が半減してしまいますからね~
開けてビックリお楽しみ!ってことで、M&Kさん、楽しみにしていてくださいね。


ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村
[PR]
by agiubigiu | 2010-05-18 06:31 | フィレンツェ街便り
<< ロビン・フッド 継続は力なり >>