イタリアの1年生と3年生

a0169125_525010.jpg

Cadono le foglie-落ち葉



a0169125_5201413.jpg

レオが3年生、ジュリオが1年生になって一ヶ月半近く経とうとしています。
イタリアでは、数年前から政府による教育機関への補助金削減、教員数削減、
研究に対する補助金の削減などの改革が成され、徐々にModulo(モドゥロ)と
いう8時半~12時半という時間帯の小学校が増えつつありますが、息子達が
通う学校は今尚、Tempo Pieno(テンポ・ピエノ)といって8時半~16時半
までのとても長い時間帯です。スクールバスで家に到着するのは、毎日17時。
毎日ぎっちり学校で勉強をしてくるので(?)低学年のうちは、平日、宿題は
でません。それどころか、教科書やノートも家に持ち帰らないように、と
先生から指示がでるので、ドスンッと重いリュックえお背負って帰ってくるのは
週末だけです。もともと、イタリアの勉強はレオが一年生の時から母(私です。)は
放置状態ですぐに着いていけなくなるのが目に見えているので。そして、宿題間違いだらけでは可哀相なので。レオは週末の宿題も自分でサッサと済ませてしまう習慣がついて
いますが持ち帰ったノートをパラパラ拝見させてもらうのは、私の週末のちょっと
したお楽しみでもあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2年生のはじまりもそうだったように、イタリアでは毎年進級してノートを使い
はじめる時にちょっとした儀式めいた『前書き』をするようです。
↑これは、イタリア語の筆記体のノートですが、罫線が1,2年生で使っていたものより
細くなりました。

2011年9月15日 木曜日
3年生に進級です
僕たちの1冊目の罫線ノートを祝福しよう!

と、書き出しています。

a0169125_5204433.jpg

↑こちらは算数のノートの第一ページ目。
こちらも1cmの方眼ノートから5mmへとマス目が小さくなりました。
担任の一人が産休で今年1年お休みとなり代わりに来てくれた先生が算数担当
になりました。イタリアでは珍しい男の先生です。先生の名前まで書いて嬉しいだろうな
a0169125_5274415.jpg

2年生で、10の位までの、足算、引算、かけ算、割り算は習得したので
3年生で100の位に進むようですが、なんともまぁ〈身をもって知る方法〉!
お疲れ様です・・・。
a0169125_5221389.jpg

こちらは、2週に一回くらいのペースで週末に暗唱の宿題がでる詩のノート。
そうそう、3年生になると、鉛筆ではなくボールペンを使用するようなるので
間違えるとこんなことになります。(もうちょっと大きくなると修正液を持って
いくらしいです・・・)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ピカピカの一年生になったばかりのジュリオのノートはどんなかな。
(レオの時はこんなでした。→)
a0169125_5224956.jpg

A・E・I・O・Uの母音から授業がはじまったようですが、完全に字より絵に
気合を入れているのがジュリオらしくて笑えます。

二人とも、私の知らないところでどんどん成長しているんだなぁ~と
ノートを見ながら嬉しく思う母さんです。

ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックして頂けると、嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村
[PR]
by agiubigiu | 2011-10-28 07:23 | レオ&ジュリオ
<< ポインセチアと・・・もみの木 かぼちゃ >>