2年前の夏の終わりのある日のことでした。
「ちょっとレオと馬を見に行ってくるね。」というセリフとともに出掛けたバッボF。
   
お昼ごはんの時間になっても帰ってこないので、電話をかけてみると               「チャオ~AKI!今、馬を運んでいるところなんだー!すごくカッコイイ馬だよ!」           と上機嫌な明るい声。
一目惚れした一頭の馬をその場で引き取って、(妻に相談もなくっ!)馬専用の荷車に乗せて、田舎に住んでいるヴァスコの家に運んでいるというのです。

今思い返しても、バッボFの衝動的行動にも唖然ですが、いきなり馬を連れてこられても、これっぽちも動揺しなかったヴァスコにもビックリ驚き。聖人のようなおじさんです。(ビステッカ・フィオレンティーナ協会の会長さんなんですよ。)

a0169125_6533395.jpg
a0169125_654844.jpg


その日から、ブイオ(←馬の名前です。)めでたく、我が家の仲間になりました。

あれからブイオは3回お引越しをして、今はうちから車で5分ほどの場所にいます。
一頭だけで淋しいだろうと、すぐに生後三ヶ月のヤギをみつけてきました。
とっても、いい相棒になってくれています。

馬のお世話は、私から見ると、やはり、とても大変と思うのですが、
バッボFにとっては、そうでもないみたい。
何しろブイオにゾッコン!!!ですからね~。
毎日毎日深い愛情を注いで注いで、お返しにブイオにいっぱい癒してもらっています。
a0169125_7133548.jpg


子供達にとっても自慢のお馬さんです。
気候がいい休日は子供達もブイオに乗っかって、それはそれは嬉しそうです。
バッボFは私から許可がでた日曜日には、日の出と共に、ブイオに乗って一日中   TOSCANAの森を散策に出掛けます。
馬愛好家の仲間もできて、とっても楽しそう。

義母はよく「馬はFの子供の頃からの夢だったからねー。」言って微笑んでいます。
小さいときからの夢が叶うなんて最高ですよね。。。


そうそう、先日、子供達が土曜日に通っている日本語補修校幼稚部のレオのクラスで
[大きくなったら何になりたい?]というお題がでました。
a0169125_8271995.jpg

ハハハ!叶うといいね。

          
           I BIGIU DI OGGI
              ~今日のビジュ~


a0169125_921347.jpg

シルバー925 石・カウアイ
a0169125_9172927.jpg
           シルバー925 石・ローズクオーツ
a0169125_9184583.jpg

                    シルバー925 石・スターサファイア
[PR]
by agiubigiu | 2010-02-06 09:39 |
<< おばあちゃんのお店 宝石箱が開くとき >>