カテゴリ:イタリアの食( 12 )

il pranzo di natale2011

a0169125_7453758.jpg

クリスマスランチは、もちろん今年もノンナ(おばあちゃん)の家で。

More 注/写真非常に多いです。
[PR]
by agiubigiu | 2011-12-29 07:59 | イタリアの食

かぼちゃ

a0169125_76424.jpg

黄色いかぼちゃ(ZuccaGialla)が旬です。

More
[PR]
by agiubigiu | 2011-10-20 08:06 | イタリアの食

さくらんぼ

a0169125_16365452.jpg


More 
[PR]
by agiubigiu | 2011-05-28 17:02 | イタリアの食

抹茶のティラミス

a0169125_1154414.jpg

   昨日の朝、この方のブログの美味しそうなティラミスを見てて想い出した!
   ちょっと前に、日本から送ってもらった雑誌に載っていた『和+伊ティラミス』
   おぉ!これは是非作ろう~!と思っていながら、すっかり忘れていました
             Kumix!思いださせてくれてGrazie1000!


Moreつづきはコチラ。
[PR]
by agiubigiu | 2011-01-27 02:18 | イタリアの食

Lungarno23

a0169125_845436.jpg

         噂に聞いていた、ステキな雰囲気のテラスがあるお店で、
          くみこさんと「高級ハンバーガー」、初トライしてきました。
               ハンバーガーだけど、15ユーロ!!!
a0169125_862623.jpg

 なぜゆえ、高級であるかというと、使用しているお肉がキアニーナ牛100%だから!
         (キアニーナ牛=シエナ近郊、キアーナ渓谷に生息する牛。
            最高級Firenze風ビフテキに使われる極上肉。)
a0169125_881133.jpg

            いろんな意見があると思うけれど、私的には〇!
   食に関して非常に閉鎖的なFirenzeで、なかなか斬新な企画だと思います。
          お店の雰囲気(アルノ川が一望できるテラス席)は◎!!
  
       ポンテ・ヴェッキオのすぐ近く、Lunganro(アルノ川沿い)23番地。

                   詳細は→Lungarno23

こちらをクリック!応援ありがとうございます~
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村
[PR]
by agiubigiu | 2010-11-26 08:50 | イタリアの食

オリーブ・オイルとブルスケッタ

a0169125_173448100.jpg

昨日、今日と辛うじて雨に降られていない週末のFirenzeですが、先週は雨、雨、雨の
一週間でした。金曜日はレオの小学校、学年全員で、近くのオリーブ畑へ収穫の
お手伝いに行くスケジュールが組まれていて、レオはMy熊手!と、お馴染み赤い長靴を
リュックに詰め込んで張り切って登校したものの、雨で中止になってしまいました。残念。

        こんな雹が勢いよく降ってきた日もありました。あたると痛い痛い!
a0169125_193348.jpg


さてさて、「イタリア料理の原点は、オリーブオイルにあり。」というほど重要なイタリアンの
素材「オリーブオイル。」
『イタリア料理は世界一!』と自信満々、断固なる誇りを持っているイタリアー二にとって
その年のオリーブオイルを初めて味わう瞬間は、ちょっとした儀式のような興奮と喜びに
包まれているように感じます。
我が家にも、自ら収穫したオリーブの実を搾油場で搾ってもらい、待ちに待った自家製
オイルが届きました。
a0169125_17423785.jpga0169125_17434077.jpg

a0169125_17443655.jpga0169125_17452437.jpg

ニューオイルの味わい方の定番はBruschetta。オリーブオイルの味と香りを感じる
ことが大切なので、いたってシンプル。トスカーナでは無塩のトスカーナパンをトーストし
カリカリになったパンの表面にニンニクを擦りつけ、オリーブオイルをタラリとかけ、
塩をふりかけ頂きます。子供達は、ガーリック抜きで。
搾りたてのオリーブオイルは、美しい翡翠色で、香りも強く、舌がビリリと痺れるような
独特の味わいです。そんなオイルがカリカリトーストパンの上で塩と調和すると、深みと
旨みが増し、誰からも文句なく「Buonissimo!」と言わせてしまうお味になるんです。
        Bruscheattaの名前の由来は、Bruscare(炭火で炙る)。
          この国の先代人達の様子が目に浮かぶようですね。

なんでも、今年の出来はといえば、多雨だった為に、例のビリリ感が例年より全体的に
控えめで幾分マイルドとか、、、巷の声。私には、そこまでの味の違いはわからないんですけどね。

    Bruschettaは、只今、我が家のおやつ&アペルティーヴォの定番です!

こちらをクリック!応援ありがとうございます~
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村
[PR]
by agiubigiu | 2010-11-15 00:55 | イタリアの食

オリーブの収穫

a0169125_17213831.jpg

Toscanaでは、毎年、10月の終盤から11月の初旬にかけて、一斉にオリーブの収穫
がはじまります。
私のオリーブ収穫歴はなんだかんだと、とても長く、彫金修行時代は師匠の所有していた
広大なオリーブ畑に毎年借り出されて、お手伝いをしていました。
毎年、友人も引き連れて助っ人に行っていましたが、そんな様子に興味を持った
母がお友達と一緒にオリーブ収穫ツアーを組んで、はるばる日本から応援に来てくれた
年もありました。
師匠の奥さんが、収穫作業の合間にチャチャチャと作ってくれる手作りPizzaが絶品で、
オリーブ畑で一休みしながらみんなでPizzaを頬張る開放感溢れるひと時は、特に幸せな
想い出となって心に残っています。(←ただの食いしん坊?)
結婚してからは、このお宅へ、毎年お手伝いに行っていました。
ということで、レオもジュリオも収穫のノウハウはすでに修行済み!!
今年は、バッボFが借りている馬のブイオが暮らす敷地内のオリーブの木の収穫を
始めて自分達ですることになりました。
a0169125_1719335.jpg

といっても、そんなにたくさんの木がある訳ではないので、気楽に考えていましたが。。。
この時期、イタリアは雨季でもあり、空模様とにらめっこしながらの収穫となります。
その上、今年は10月31日に(毎年10月最後の日曜日)にサマータイムから平常時間に
戻ったので、夕暮れが一気に早くなった感じ・・・。
収穫のお手伝いを楽しみにしていたレオが学校から戻る時間は5時15分頃。
もう、外は暗くなりはじめる時間。
土曜日は日本語補修校、日曜日は雨続きで、今年は結局、平日の仕事の合間にバッボ
が収穫をしていますが、10月の終わりに一度だけ学校帰りのレオがお手伝いできた時の
様子をご紹介します。(この日、ジュリオは風邪をひいていてたので、レオを送リ届け、
写真だけパシャパシャ撮って、私とジュリオは家に戻ったのでした。)
a0169125_17202780.jpg

           これこれ!! これが前回の記事↓の答えです。
        Rastrello per la raccolta olive(オリーブ収穫用の熊手。)   
こんな風にして、枝の間を梳くようにしてオリーブの実を下に落とすのです。
  最近では、木や枝が痛むという説がるものの、一時期に大量なオリーブを収穫
    しなければならない人達にはこんな電動熊手も重宝されているようです。
a0169125_2214331.jpg

               下にはこんな風に網を敷いておきます。
a0169125_17315276.jpg

               下に落ちて、集まるオリーブの実たち。
  一本の木のオリーブの実を全部網に落としたところで、網の四方を持ち上げて
            中央に実を集め、一気に箱へ移し入れます。
a0169125_18163045.jpg

   この日は、バッボFも頼もしい相棒と一緒の作業でとても嬉しかったよう。
a0169125_17322343.jpg

          次回は搾りたてオイル試食の様子お伝えしますー   

こちらをクリック!応援ありがとうございます~
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村
[PR]
by agiubigiu | 2010-11-09 23:44 | イタリアの食

大好き・PIZZA!

a0169125_6143672.jpg

日本に帰国したら~、あれが食べたい~これが食べたい~。
と、日々、妄想にふけりながら暮らしている私ですが(笑)
日本滞在中はイタリア料理が恋しいと思うことは殆どありません。
殆どないながらも、たった2つだけ、懐かしくなるものがあります。
それは、イタリアンおめざ(朝イチ、BARでのカプチーノとホッカホカブリオッシュ)
と、おいしいPIZZERIAのPIZZA!!!
今では、世界中でPIZZAを食べることはできるんだろうと思いますが
やっぱり本場イタリアのPIZZAのお味は最高ー!そして、安いっ!(←大事)
a0169125_6152261.jpg
a0169125_6154577.jpg

a0169125_616957.jpg
a0169125_6163141.jpg
a0169125_6172490.jpg
a0169125_618271.jpg

            ジュリオも一枚ペロリと平らげちゃいます!
a0169125_6182376.jpg

                     「BUONO~!」

ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックして頂けると、嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村
[PR]
by agiubigiu | 2010-04-26 07:06 | イタリアの食

VASCOの家で

a0169125_0114057.jpg

こんな素晴らしいトスカーナの風景の中に、ビステッカ・フィオレンティーナ協会会長
でもある、VASCOの家があります。
a0169125_012251.jpg

遠い親戚のおじさんにあたる、VASCOですが、イタリアのおじいちゃんが天国に行って
しまっている子供達にとっては、イタリアでのおじいちゃん的存在であり、
バッボFにとっては人生のマエストロ。
自然と共存して、信念を持ち、どんなことにも動じることの無い強く優しいVASCOを
バッボFは心から尊敬しています。(ここでもVASCO登場してます。)
休日や夏の間はしょっちゅうこの田舎の家に遊びに来ていましたが、去年VASCOが
心臓の病気で倒れて以来、私と子供達は暫くご無沙汰していました。
天気予報では雨のはずの昨日の午後、良いお天気になったので、みんなで
久しぶりにVASCOを訪ねました。
a0169125_105213.jpg

   ワイン、オリーブ・オイル、ビン・サント(食後酒)、グラッパ、など全て手作り。
a0169125_12356.jpg

家のまわりには、オリーブの木、果物の木、葡萄畑が果てしなく広がっています。
a0169125_124080.jpg

a0169125_131584.jpg

               鶏小屋の上で遊ぶレオとジュリオ
a0169125_11321.jpg

                  野菜も全て自給自足です
a0169125_1132744.jpg

         オリーブの木の剪定をするバッボF。レオもお手伝い。
a0169125_1135787.jpg

去年10月にVASCOの甥っ子が庭でしとめたイノシシの瓜坊主君、生ハム用に
仕込んでおいた分が、そろそろ食べ頃ということで、みんなでありがたく頂きます。
a0169125_114205.jpg

                       毛が。。。                       
a0169125_1144582.jpg

味が絶品であることは言うまでもありませんが、瓜坊主をしとめた時の状況や心境
、どんな風に仕込みをしたかとか、ああだこうだとみんなで話しながら、その土地の
赤ワインと一緒に楽しく生ハムを囲んだことが何よりの贅沢でありました。。。
VASCOも元気そうでホッとしました。

応援クリック一日一回、よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村
[PR]
by agiubigiu | 2010-04-20 02:15 | イタリアの食

春を感じるトスカーナの夕べ

a0169125_136248.jpg
a0169125_1444623.jpg

a0169125_2141456.jpga0169125_1375766.jpg

a0169125_1384329.jpga0169125_139525.jpg

a0169125_1483688.jpga0169125_1485857.jpg

a0169125_1494452.jpga0169125_1501211.jpg

a0169125_1511956.jpg


ポカポカ日和だった、日曜日のFIRENZE。
夕方、義弟の家に寄ると、今年初のfave con pecorino(ソラマメとペコリーノチーズ)
を義弟のパートナーが用意してくれていました。
毎春、faveの季節がやってくると、7年前に日本の家族が揃って、この時期イタリアに
来てくれた時のことを思い出します。
父が「イタリアではソラマメを生で食べるのかっ?!」とそれはそれは驚いていたなぁと。

爽やかな白ワインが似合う季節が近づいてきました。

 

                 IL BIGIU DI OGGI

a0169125_2203456.jpg

                    シルバー925 ペンダント      
                        石・トルコ石
 

ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックして頂けると、嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村
[PR]
by agiubigiu | 2010-03-16 02:24 | イタリアの食