レオとランドセル

a0169125_0143852.jpg

すっかり、日本のピカピカ小学一年生ルックが板についてきたレオ。
(ランドセルはお古を頂きました。)

「日本の学校は、体育の時間がたくさんあって、プールの授業もあって楽しい~!」
→firenzeの小学校では体育の授業は2週に一度だけでした。
もちろんプールの授業なんてありえなーい。

「音楽の授業はピアニカでチャルメラ(ドレミ~レド ドレミレドレ~♪) や
カッコウ(ソ ミ ソ ミ レドレド~♪)を特訓中なんだよースゲーおもしろい!」
→firenzeでは、音楽の授業も、週に一度で一年間、歌だけだったしー。

「給食では、毎日、牛乳がでるんだね、どうしてお水はでないのかな・・・・?」
「今日、僕、給食当番でふりかけ配ったよー!」
→食事(給食)のお供に牛乳という発想は、、、日本だけ?
しかも、先日はコーヒー牛乳がでたそうで、さすがに、お味噌汁と一緒には
飲めなかったそうです・・・
給食当番システムはレオにとって、かなり新鮮みたい!
firenzeでは給仕のおばちゃんが第一の皿・第二の皿と順番に運んでくれるのです。

「朝顔の観察毎日してるんだけど、今日ねー、僕の朝顔、ムラサキ色の
花が咲いたよ!」
→そうそう、これぞニッポンの夏!懐かしい~

そして、私にとってイタリアの小学校と日本の小学校の一番大きな違いである送り迎え。
FIRENZEの小学校では、最高学年である5年生まで、必ず親、又は親の代理人の
同行が義務付けられています。
子供だけで、フラフラ道路を歩いている姿も、ほとんど見かけません。
そんな環境に慣れてしまっているので、単独登下校は私の方が心配だったのですが・・・
お友達と道草しながら、元気に「ただいまー!」と帰ってくる日常に私もだいぶ慣れて
きました。
でも、朝はBSで『ゲゲゲの女房』を見たいが為に、(レオもジュリオも何がそこまで好き
なのか?嵌りきっています。)ギリギリの時間になってしまって、じいじに車で送って
もらっているイケナイ子ちゃんです。
a0169125_015463.jpg

明日は、参観日なのだそうで、、、もちろん、行ってきます、見てきます!
→そうそう、父兄参観もイタリアにはなかったですね。。。

ところ変われば、学校生活も、ほんと色々。。。

短期入学をこんなにまで快く至れり尽くせり受け入れてくれる日本の学校制度は
素晴らしい!と思います。
子供は、こんなにも違う環境にも、すぐに溶け込める羨ましい程の逞しい力を持って
いるんですよね!
「日本の学校、大好き!」と毎日、とっても楽しそうなレオ。
心温かい校長先生、担任の先生、クラスのお友達にも感謝です!!!

ブログランキングに参加しています。
一日一回クリックして応援して頂けると、嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村
[PR]
by agiubigiu | 2010-06-29 01:32 | 2010・JAPAN
<< すいか 発送ほぼ完了 >>