Firenzeデビュー3

a0169125_15451023.jpg

      FirenzeのDuomo(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)が
               こんなに間近に見下ろせる場所。



a0169125_15455615.jpg

またまた、バッボFの提案でDuomoに寄り添うように聳え立つ、ジョットの鐘楼
(Campanile di Giotto)に登ることに。
高さ約84m、大聖堂と同じく赤、白、緑の大理石で作られているゴシック様式の
この鐘楼は、1334年にジョットにより建築が着工され、その後、弟子のアンドレア・
ピサーノ、フランチェスコ・タレンティが引き継ぎ、大聖堂よりも100年も早い1387年に
完成したんだそう。
414段あると言われる狭い階段を子供たちは勢いよく駆け上がり始め、私はすぐに
置いてけぼり。
塔が5層にわかれているお陰で、途中、ちょっとした休憩ができ助かります。
いかに運動不足か思い知った・・・
この日、鐘楼の中は日本人観光客率50パーセント以上!!という状況で、ジュリオが
「なんでこんなに日本人がいるの~?」と大きな声で発言し、観光客のみなさん大爆笑。
若いお姉ちゃんたちから注目を浴び、余計におちょけるジュリオ。嬉しがるバッボ。
照れるレオ。私は、みなさんにペコペコしながら登るのに必死。ゼイゼイ・・・
そして、やっとこさっとこ頂上に辿り着くと・・・・・
a0169125_1547186.jpg

      普段、見慣れたFirenzeの街が全然違う顔で迎えてくれていました。
         こちらは、Firenzeの街の中心であるレップブリカ広場。
a0169125_1644542.jpg

                 サンタ・クローチェ教会方向。
a0169125_15475751.jpg

     この日、一緒だったバッボFのお兄さんは修復師なんですけれど、この
       メディチ家礼拝堂の窓の木枠を数年前に修復したんだそうです。
a0169125_15483090.jpg

      そして、私が日ごろ、気になっていて間近で見たかったのがコレ。
     大聖堂のクーポラの上にくっついているブロンズの円球と十字架です。
     レオナルド・ダ・ヴィンチの師である彫刻家ヴェロッキ作のこの球ですが
     なんとも存在感があるのです。天蓋の上にこれがついていなかったら・・・
    きっとこのサンタ・マリア・フィオーレ大聖堂は全く別物になっていたと思うほど。
a0169125_1549511.jpg

            でも・・・ビックリなことに1492年と1600年
           2度も、この球、コロコロっと落っこちているそう。怖・・・
a0169125_1730966.jpg

a0169125_15522329.jpg

子供達にとってのFirenzeデビューは、地元っ子とは思えないオノボリサン風デビューと
なりましたが、レオもジュリオもジョットの鐘楼から街を見下ろしながら「BELLO~!」
(きれい~)を連発していました。
そして、Firenzeの街にたくさんの日本人観光客の方々がいたのが、とても驚いたよう。
「どうしてなの?」と聞くので、「みんなFirenzeの街や教会や美術館や美術館の中に
ある作品が見たいと思って、遠い日本からも飛行機に乗ってくるんだよ。レオとジュリオは
そういう街で暮らしているんだよ!」と答えると、「フーン・・・」とわかったんだか、わかって
いないんだか?な感じでしたが、「また、行きたい?」と聞くと二人とも「行きたーい!」と。
なんとか、遅咲きFirenzeデビュー、無事に果たせました。

こちらをクリック!
応援ありがとう~

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ
にほんブログ村
[PR]
by agiubigiu | 2011-02-19 17:31
<< 巴里からのお客様 Firenzeデビュー2 >>